使ってる電子書籍サイトがないならココ!!

【映画 呪術廻戦】原作0巻の内容とは!?映画前に予備知識!![乙骨憂太]

デン爺

今回は、映画「呪術廻戦」の原作の内容を紹介するのじゃ!

先日、アニメ放送が終わると同時に発表された呪術廻戦の映画化ですが、


(引用:jujutsukaisen.jp)

映画化される内容は、まさかの続きではなくて前日譚となる0巻だったので驚きでした。

そこで、今回は0巻の内容や位置づけについて紹介します。

ネタバレは防ぎますので、ぜひ映画を見る前に予備知識として参考にして下さい。

はじめに

はじめに0巻について簡単な概要を紹介します。

概要

・作者:芥見下々

・掲載媒体:ジャンプGIGA

・掲載時期:2017年vol.1~vol.4本編連載前

あらすじ

自身の死刑を望む高校生・乙骨憂太(おっこつゆうた)。彼は己に憑く怨霊・里香に苦しんでいた。そんな中、「呪い」を祓う為学ぶ学校「都立呪術高専」の教師・五条悟が、乙骨を高専へ転入させ…!? 『呪術廻戦』へと繋がる前日譚、開幕!

内容を紹介

ここからは、0巻の内容について紹介します。

※ネタバレは防ぎます。

『呪術廻戦』へと繋がる前日譚

0巻の内容は、本編へとつながる前日譚となっています。

具体的には、現在の2年生(パンダ達)が1年生の時の話です。

そのため、虎杖をはじめとする1年組は0巻の内容には登場しませんので、いきなり読むと少し違和感を感じる部分もあるかもしれませんね。

ちなみにですが、これは虎杖ではなく狗巻です。めっちゃ似てますね(笑)


(引用:https://ebookjapan.yahoo.co.jp/)

しかし、前日譚とあるだけあって本編へとつながる非常に重要な話となっています。

本編では、ご存知の方も多いかもしれませんが呪詛師のトップ夏油は“死んでいます”。(夏油は親友である五条先生に殺されました。)

現在夏油として活動しているのは、その死体を入れ物として利用している呪物です。

そして、その夏油が殺されるにいたる事件が描かれているのが、この作品の内容となっています。

主役・乙骨憂太

そして、物語の中心となる人物は乙骨憂太になります。

アニメ部分では、名前だけで登場しなかった謎の人物ですが、ここでようやく登場という事になります。

乙骨が虎杖同様、五条先生によって呪術高専に連れてこられる所から始まりますが、


(引用:https://ebookjapan.yahoo.co.jp/)

4人しかいない特級に選ばれる乙骨の強さの秘密、そして2年組に見られる互いに信頼しあう団結力。

この2つが、乙骨の高専での生活を通して、そして夏油の起こす事件を通じて描かれています。

0巻の位置づけ

ここで、0巻の位置づけを本編の内容になぞって紹介します。

本編の内容としては、

アニメ化部分

・入学編(1巻1話~5話)→
・呪胎戴天編(1巻6話~2巻9話)→
・虎杖死亡編(2巻10話~3巻18話)→
・幼魚と逆罰編(3巻19話~4巻31話)→
・交流会編(4巻32話~7巻54話)→
・起首雷同編(7巻55話~8巻64話)

未アニメ化部分

・過去編(8巻65話~9巻75話)→
・宵祭り編(9巻79話~10巻82話)→
・渋谷事変編(10巻83話~)

続いていますが、時系列でいると、

過去編が一番古く、その後に入学編という時系列となっています。

そして、0巻の内容は過去編と入学編の間に当たります。

そのため、過去編のアニメ化がされていませんので、映画を見る前にアニメの続きでもある第8巻・9巻の内容を読んでおくのもアリかもしれませんね。

映画の内容がより一層深みを増すことになるので、おすすめです。

0巻の豆知識

最後に、0巻に関する豆知識を紹介します。

気づいた方も多いかもしれませんが、実はこの0巻の内容は本編連載中に外伝的なものとして描かれたのではなく、

本編連載前に読み切り掲載で発表されたものです。

この0巻が真の「呪術廻戦」の元と言っても過言ではありませんね。

しかし、そのことから!?少し本編に比べて“面白さ”といった部分は見劣りしてしまう部分は正直感じます。

ですが、この0巻を読むことによって本編の内容にグッと深みが増しますし、そのことから本編がより一層面白くなります。

そのため、前日譚を読む・見る価値は十分にあると思います。