使ってる電子書籍サイトがないならココ!!

『ハイキュー!!』アニメ感想文

ハイキュー!!の溢れまくる魅力について

今回はハイキュー!!の素晴らしさについてお話していきたいと思います。

まず、ハイキュー!!とは、
バレーボールに青春の全てを注ぎ、全国大会の優勝を目指していく、スポーツ漫画であり、
先日、8年半の連載にピリオドが打たれました。
その際には世界トレンドの1位も獲得し、
世界中のファンが、ハイキュー!!の連載完結の祝福、そして寂しさをつづっていました。

そんな世界中にファンの多いハイキューはなぜあそこまで人気なのか、紹介していきたいと思います。

まず魅力一つ目は、ザ・主人公の日向翔陽

今作の主人公である日向翔陽は
誰よりもバレーを愛しているが、
体格には恵まれず、
ネット越しで戦うバレーボールにおいて身長が小さいというのは、それだけで他と劣ってしまいます。
ですが、日向の持つ跳躍力、素早さ、反射神経を
チームメイトが最大限に活かし、
小さい日向を高さで勝負できるようにし、
さらには名前負けしないほどの持ち前の明るさでチームの士気を高めていきます。

これだけ見ると、日向って小さいけど
凄い選手じゃんと思う方もいるかもしれませんが、
スパイク以外のバレーボールにおける基礎は、
全然ダメなのです。

日向は中学からバレーボールをしていましたが、
部員が少なく、公式戦には1度しか出たことがありません。
そして初戦で、強豪校と当たり惨敗します。
そこで日向は、自分に足りないものに気付きます。
練習、チームメイト、場所、経験、指導者、
あらゆるものが足りないと。
これを中学時代から知っていることで、
日向は、高校で体育館が使えること、
チームメイトがいること、
バレーボールができること、
全てに感謝し誰よりも「やる気」と「元気」「バレーが好き!」という気持ちが全面に出ます。
下手くそだけど、誰よりもバレーを愛している。
これは、誰しもが持てるものではなく、
練習や、経験で補うことはできません。
これこそが少年ジャンプの漫画にふさわしい主人公だと僕は思いました。

魅力二つ目は、
現実離れしすぎていないところです。
スポーツ漫画では、どうしてもカッコよさ、
技名なんかが存在することが多いですが、
ハイキュー!!では、多少の誇張のようなものはあるものの、あくまで現実の試合に使われているプレーを基にされていて、
何か武器を習得するための努力や、失敗が細かく描かれていて共感できる箇所が多いです。

魅力三つ目は、
どの学校にもドラマがあることです。
僕が1番ハマった理由はこれにあるかもしれません。
試合には勝つチームが存在するということは負けるチームも存在する。
そして、負けたチームにもしっかりとスポットを当ててくれる。ここが素晴らしいと思いました。
ひたむきに頑張ったか、そんなの関係なく、
負けたら悔しい、たとえ弱小校であっても、
なにかしらのドラマがあり、それをしっかりと写してくれるのは、とても嬉しく、
1回戦だろと2回戦だろうと、相手チームにフォーカスすることで、
どのチームも好きになり、感情移入してしまいます。「好敵手」などの表現はあれど、
悪役が誰一人いない、というのも魅力の一つかもしれません。

以上まだまだ語りたい事は沢山ありますが、
今までのスポーツ漫画よりも圧倒的に、感情移入しやすく、個性的なキャラクターも多いハイキュー!!
2020年10月からは第4期第2クールも始まりますので、是非1度ご覧になってみてください。

書いた人:日本一ひなたに近い街