使ってる電子書籍サイトがないならココ!!

【彼女、お借りします】公式アンソロジーを読むならここ!

デン爺

「彼女、お借りします」公式アンソロジーが発売されました。

今回は、アニメ放送もなされ、今最も人気のラブコメである「彼女、お借りします」の公式アンソロジーが発売されましたので、

その内容と、読むのに最もおすすめの方法を紹介します。

アンソロジーの内容

まずは、今回発売されたアンソロジーの内容を紹介します。

概要

  • 発売日:2020年8月17日
  • 価格:定価600円(税別)
  • ページ数:168ページ
  • 話数:24話

総勢22名の超豪華作家陣による、『彼女、お借りします』公式アンソロジー!! 『寄宿学校のジュリエット』金田陽介、『僕の心のヤバイやつ』桜井のりお、『からかい上手の高木さん』山本祟一朗、『徒然チルドレン』若林稔弥…etc更には宮島先生による番外編(マイソロジー)も収録!!

(引用:https://ebookjapan.yahoo.co.jp/)

参加作家(掲載順)


(引用:https://pocket.shonenmagazine.com/)

第1・24話: 宮島礼吏
(代表作品:彼女、お借りします)

第2話:赤信号わたる
(代表作品:オヤジが美少女になってた話)

第3話:五十嵐正邦
(代表作品:川柳少女)

第4話:いだ天ふにすけ
(代表作品:COMIC快楽天)

第5話:植野メグル
(代表作品:おたくの隣りはエルフですか?)

第6話:金田陽介
(代表作品:寄宿学校のジュリエット)

第7話:川村拓
(代表作品:事情をしらない転校生がグイグイくる。)

第8話:こげたおこげ
(代表作品:りゅうおうのおしごと!)

第9話:虎助遥人
(代表作品:しあわせっくす)

第10話:梧桐征木
(代表作品:市場クロガネは稼ぎたい)

第11話:榊カルラ
(代表作品:HIDE AND SEEK)

第12話:桜井のりお
(代表作品:僕の心のヤバいやつ)

第13話:しろまんた
(代表作品:先輩がうざい後輩の話)

第14話:瀬尾広治
(代表作品:ヒットマン)

第15話:堂本裕貴
(代表作品:りぶねす)

第16話:nonco
(代表作品:ようかい居酒屋 のんべれケ。)

第17話:肘原えるぼ
(代表作品:ふたりぼっち戦争)

第18話:船津紳平
(代表作品:犯人たちの事件簿)

第19話:ぷよ
(代表作品:涼宮ハルヒちゃんの憂鬱)

第20話:もすこ
(代表作品:微妙に優しいいじめっ子)

第21話:矢神翔
(代表作品:隻影の影人)

第22話:山本崇一郎
(代表作品:からかい上手の高木さん)

第23話:若林捻弥
(代表作品:徒然チルドレン)

デン爺

有名なラブコメ作家が多く参加していますね!

公式アンソロジーを読む

「公式アンソロジー」を読みたいと思った方は、電子書籍またはネットショッピング(紙書籍)の利用をおすすめします。

なぜかと言うと、そもそもアンソロジーは本編ではないので、まず人気作であっても書店に置かれるケーズは少ないです。

また、本編である「彼女、お借りします」はアニメも放送されて、人気急上昇につき重版が重ねられていますが、この「公式アンソロジー」においても人気が非常に高まっています。

さらに、原作者・ 宮島礼吏本人も言うように、本編ほど部数も多くないです。

https://twitter.com/Miyajimareiji/status/1295566326384058376?s=20

そのため、書店に行っても売り切れという事が多く予想されます。

なので、「公式アンソロジー」を読みたいと思った方は、電子書籍またはネットショッピング(紙書籍)の利用をおすすめします!

おわりに


(引用:https://kanokari-official.com/)

以上が、今回発売された「彼女、お借りします」公式アンソロジーの内容とおすすめの読み方になります。

参加作家が全員ラブコメ作家ではありますが、それぞれラブコメの中でも違った特徴を持つ作家たちです。

また、その特徴が上手く“彼かり”の作品に埋め込まれていて、本編とは違った雰囲気が楽しめる1冊となっています。

冒頭ではありますが「試し読み」もできますので、“彼かり”が好きな人、気になる人、ぜひ「公式アンソロジー」も読んでみてください!