【感想】シュート!の世界にゴン中山が転生してしまった件

デン爺

ゴン中山こと中山雅史が大ヒット作品「シュート!」の世界に転生してしまったぞ...

今回は、「シュート!の世界にゴン中山が転生してしまった件」を読んだ感想と、みんなの評価を紹介したいと思います。

「シュート!の世界にゴン中山が転生してしまった件」を読んで

「シュート!の世界にゴン中山が転生してしまった件」を読みました。

まず、はじめにこの作品の連載が始まったと聞いたとき、“なんじゃこれ“と思いました。

そして、実際にこの作品で見ても、“なんじゃこれ“という感じが率直な感想です。

なんか、思いつきで書いたというか、出オチという感じで...

でも、その中にも、キラッと光る!?良い部分があったので、先にこちらから紹介したいと思います。

プラスの部分

良い部分の一つは、原作である「シュート!」の内容が思っていた以上にしっかりなぞってあった。


(引用;https://pocket.shonenmagazine.com/)

ということです。

トシ達、掛中トリオや久保さんだけでなく、相手校の敵キャラや「シュート!」の展開で起こった出来事などもです。

そのため、原作を読んでいたものにとっては、なつかしさが感じられました。


(引用;https://pocket.shonenmagazine.com/)

また、ゴンの代表的ともいえる「ダイビングヘッド」とか、ゴンのプレースタイルをなぞっていて、

それを、上手いこと「シュート!」の世界に入れていたので、どちらの世界観もというか、キャラクター性もつぶれていなかったので、純粋に楽しめました。

そして、私はてっきりゴンが掛川高校のメンバーとして転生するのかと思ったら、毎回、トシ達の敵の高校に転生してしまいます。

これには驚きました。

なので、トシたちの凄さがかえって壁となって毎回立ちはだかるので、その部分も逆転の発想で面白かったです。

しかし、、、、

マイナスの部分

ここからは残念な部分。

一つは、スゲー絵が下手だな。ということ。


(引用;https://pocket.shonenmagazine.com/)

まぁ、パロディ作品ということもあって、ワザと下手なタッチで描いている部分もあるんでしょうが、それにしても酷すぎです。

ゴン本人が描いているのか!?(笑)といったほどです。

それと、発想は面白いし、両方の部分を上手く一つに合わせているのですが、それに力を注ぎすぎてしまっているのか、ギャグパロディでもあるにも関わらず、

ツッコミがしょぼかったです

なので、いまいち乗り切れない感じでした。

あえてのギャグパロディなので、そこの部分はしっかり修正していってほしいですね。

まとめ

以上のことから、“なんじゃこれ“の作品でした。

タイトルに加えて内容も...

皆さんはどういった感想をもったのでしょうか。

みんなの評価

ごく一部にはなりますが、「シュート!の世界にゴン中山が転生してしまった件」を読んだみんなの評価をプラスの評価とマイナスの評価に分類して、紹介したいと思います。

プラスの評価

ゴン中山さんの現役時代もシュートもサッカーのルールもよく知らないんだけどめっちゃ笑っちゃう。勢いがいいし。絵ヘタって声もコメントもあるけど、昭和感あって面白い。逆に今風の作画だったら読んでない。

意外と原作のストーリー押さえていて懐かしくはある。

この、『俺はいつ死んでも良い様に後悔無く駆け抜けるぜ!!』って言う勢いだけの姿勢は嫌いじゃないw何かクセになるwww

マイナスの評価

思っていたよりも酷いな。何か内容以前にマンガにすらなりきれていない感じがする。

絵が下手過ぎて読む気になれない。

ゴンちゃんもシュートもサッカー自体も好きだがこの作品はヒドイなぁ...ギャグも画のレベルもよく掲載できたなぁレベル。

まとめ

このように、皆さんにとっても意見が分かれる作品でしたね。

しかし、“絵が下手“という部分にはプラスの評価をしていた人と、マイナスの評価をしている人がいて、同じことでも180度違う評価をしている人がいるのは興味深いですね。

おわりに

そして、第1話は週刊少年マガジンに掲載された「シュート!の世界にゴン中山が転生してしまった件」ですが、実は読み切りではなく、マンガアプリ『マガポケ』で連載されているのを皆さんご存知でしたか?

「マガポケ」サイトはこちら

マガポケ - 人気マンガが毎日楽しめるコミックアプリ

マガポケ – 人気マンガが毎日楽しめるコミックアプリ

Kodansha Ltd.無料posted withアプリーチ

この後の展開が気になる人で、連載の事実を知らなかった人はぜひ読んでみてください。

ここまでぶっ飛んだ作品は他になかなか見ることはできないですよ!