ヒロインは絶望しました。【第2話】最新話の感想と評価

今回は、マガポケ新連載「ヒロインは絶望しました。」の最新話!

10月21日更新分の【第2話】を読んだ感想と評価をまとめました。

あらすじ

ゲームで何度でも何度でも耐え難い痛みと共に殺される渋谷。
そんな渋谷を救ったのは秋葉だった__
でも、これがゲームと現実の両方が地獄となるきっかけに...

(引用;https://pocket.shonenmagazine.com/)

感想とTwitterでの評価

第2話も40ページと大増量の連載でしたが、

今回は、渋谷の希望と絶望。そして葛藤がすごかったです。

まず、前半部分は秋葉が飛ばされた世界で楽しめないから、一撃でクマを倒して現実世界に帰って、さっきの続きを…

秋葉の異常な性格が全面的に露わになって、またその行動に加えて言葉にも黒い部分が伺えて、ヤバかったです。

そして、後半は、渋谷が一緒に転送される法則を知って希望が見えたと思ったら、それが逆に秋葉を求めてしまう絶望へと変わっていく。

このときの渋谷の希望からの絶望が、

さらに「好きなことされるなら、死んだほうがマシ」と思った秋葉が徐々に近づいてくる。それでいて、助けを求めてしまっている自分がいる。

これが1話の中であるので、非常に面白かったです。

そして、最後の秋葉もやばかったですね。

まず、渋谷が助けを求めに来るまで待っているということもサイコな部分が伺えますし、土下座をさせて服従を選ばせる。

今回もダークでサイコな部分が秋葉自身何もしていなくても出ていたのがすごいと思いました。

Twitterでのみんなの評価も見てみましょう。↓↓↓↓

まとめ

このように、みんな絶望を感じている一方で中毒になっていっているようです。

私も、人を追い詰めていく・服従させていくことを、ある意味こんなにも上手く表現できる人はいないと思うし、さすが「異常者の愛」を描いた人だなと思いました。

これからの展開にも期待したいと思います。

ヒロインは絶望しました。【第3話】最新話の感想と評価