祝!「てんぷる」1巻発売決定!!

漫画「てんぷる」の単行本1巻が発売されることが発表されました。

(引用:https://comic-days.com)

今回は、その発売日やその他の情報などを紹介していきたいと思います。

はじめに

はじめに、漫画「てんぷる」に関する概要を紹介していきたいと思います。


(引用:https://comic-days.com)

基本情報

まず、「てんぷる」の作者は吉岡公威先生です。

吉岡先生のほかの作品としては、2018年夏クールとしてアニメ化され、現在もgood!アフタヌーンで好評連載中の「ぐらんぶる」や、2008年から3年間に渡って月刊少年ガンガンなどで連載され、単行本9巻まで発売されている「マテリアル・パズルゼロクロイツ」などが代表作品としてあります。


(引用:https://comic-days.com)

「てんぷる」は現在漫画アプリ“コミックDAYS”で隔週の土曜日に更新連載されています。

現在は、第1話、第2話そして最新話から数えて2話分が無料で読むことができます。

まだ読んでいない人はめっちゃ面白いのでぜひ読んで見たください。

あらすじ

「一人よりも二人、二人よりもたくさん。だから恋人もたくさんいた方が良いに違いない。」

すべての女子とねんごろになる。それが“生きる”ということだ___

幼い頃、父はこの言葉を残して去って言った。


(引用:https://comic-days.com)

赤神明光がそんな父親の生き方が畜生道であると気づくのは、もう少しあとのことになる。

 

赤神家は代々女好きの家系で、明光は変態クズ一家の一員と言うレッテルを貼られていた。


(引用:https://comic-days.com)

かく言う明光も赤神家の遺伝を受け煩悩を持て余しているのだが…

そんな明光は赤神家の汚名を晴らすため、一人で生きて行くことを心に決める。


(引用:https://comic-days.com)

そんな時、明光は一人の少女と出会い一目惚れをしてしまう。


(引用:https://comic-days.com)


(引用:https://comic-days.com)

忘れたくても忘れられない。煩悩が明光のことを支配していく。

そこで、明光は予てより考えていた手段「出家」することを決意する。


(引用:https://comic-days.com)

しかし、袈裟姿をして修行場として選択した寺に向かうとそこで出迎えたのはなんと、一目惚れしたかつての少女だった。


(引用:https://comic-days.com)


(引用:https://comic-days.com)

そして、明光の煩悩は暴走しいきなり告白してしまう。


(引用:https://comic-days.com)

更に彼女はある勘違いからその告白に答えてしまうのだった…

おっちょこちょいなヒロイン達との底抜けに羨ましい新生活が繰り広げられるラブコメディです!

単行本発売情報

ここからは1巻の発売に関する情報を紹介したいと思います。

発売日

漫画「てんぷる」単行本1巻の発売日は7月5日です!


(引用:https://comic-days.com)

値段は、680円現在Amazonなどネットショッピングサイトなどで先行予約が行われています。

発売日に絶対的に手に入れることができますので、予約しておくのもいかがでしょうか。

掲載話

現在、「てんぷる」の単行本の発売元であるアフタヌーンKCの単行本の掲載ページは大増話があることから毎巻ページ数が若干異なります。

これはすべてのレーベルの出版作品にも言えることでしょう。

ですが、だいたいは190ページ前後となっています。

更に、多くの漫画は第1巻には7話分、そして第2巻以降には9話ずつ収録されていることから、断定はできませんが、「てんぷる」も“第1話 出家しよう!”〜“第7話 ゴメン”までが掲載されるものと思われます。

しかし、吉川先生のほかの作品の単行本を見てみると、巻末に番外編が収録されていることから、連載順を見てみると“第9話 諦めない”+“番外編 見合い写真”までが掲載されるものと思われます。

2巻の発売は?

最後に、まだ1巻も出ていない段階ですが、第2巻の発売について考えたいと思います。

2巻については、連載がされていることから必ず発売されるでしょう。

問題は時期ですが、上で私の予想した番外編までが掲載されるということが正しかったのであれば、コミックDAYSの連載の方で再び番外編が掲載されてから約2ヶ月後ぐらいが目安になると考えています。

週刊連載で約2ヶ月〜3ヶ月に1冊ですから、「てんぷる」の連載は隔週のため11月〜12月頃になるだろうと予想しています。

あくまで、勝手な予想ではありますが…(笑)

どちらにしても楽しみは増すばかりです。


(引用:https://comic-days.com)

終わりに

現在、コミックDAYSにて読んでいる人は共感していただけると思いますが、非常に面白い作品です。

ちなみに、私は「ガムテ!!」が一番ツボでした。

気になった方はもちろん、途中まで読んで無料更新で読み忘れた!という人もこの単行本が発売される機に、読んでみてはいかがでしょうか。